読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将来の夢

小さいころから、早くおばあちゃんになりたいと思っていた。

おばあちゃんというものは何にも追われることなく、人生、ひとしきりの仕事を終え

死ぬのを待つものだと思っていた。

仕事、結婚、出産、子育て、孫を愛でる。

 

その様な工程を経ておばあちゃんになる。

 

でも違うんだ。

 

わたしは小さい時からずっと

今、おばあちゃんになりたいと思っていたんだ。

 

二十歳の今でも、それを強く望む。

 

 

最近、同期のみんなはいい会社に就職するため何かしらの準備をしたり、

周りを見て焦燥したり、張り切ってる人もいる。

 

だけど私は、会社に入るということが分からない。

なぜ?なぜ?なぜ?生きるためにはお金がなくてはならなくて、お金を得るためには労働しなければならなくて、勤労の義務なんて言葉も小学生で習うんだけど、なぜか、なぜ働くのかわからない。

 

じゃあ死ねばと言われればそこまでで、なんの反論もないよ。

 

お金はほしくない。社会から認められたいという欲もない。

 

先週だったかな、インターンシップの説明会があったんだけど

そこで先生みたいな人が言うんだ。

「人事の人も、いい人材を早く確保しようと必死なんです。」

 

 

いい人材、確保、?

 

 

言っていることは分かるんだけど

全然ピンとこないんだ。

 

だって自分のことを「人材」だなんて思ったこともなかったし、これからも思わないもの。私はきっと、会社に確保される人間じゃないんだ。

確かに周りの友人は会社にも、社会にもとても貢献しそうないい人材だ。

私が彼らより優れた仕事ができるなんて思えない。

他をあたってください。

 

 

だから会社には入れないなって思ったんだ。

 

 

でも、生きていく分のお金はないとだめだよね。

今は、その方法を考えているの。

 

 

 

わたし、早くおばあちゃんになりたいな。