読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

巨大生物

巨大化しすぎて絶滅したもの、

一度は巨大化したが生きるのが辛くなってやっぱり小さくなったもの

 

人間が存在することになった何万年前の話だけど

地球上ではいろんな生き物が進化や退化、いや、方向が正か負なんて知らないけれど、とりあえず変化をし続けてきた。

それは生物がより生きやすくなるため繁栄するためなんだと思うけど

彼らは自らを変化させてきた。

 

なぜ人はまわりを変える生き物なのだろう。

邪魔な森は消し、海を埋め立て、危険な動物は殺す。

 

ちがうな、他の生物もまわりを変えて生きている。

木の枝で家を作り、マーキングをし、対峙した動物と戦うこともある。

 

人は自らをどんなふうに進化させるのだろうか。

これから何万年も続く種だとしたならばどうなるのだろう。

きっと脳は小さくなる。

そうでないともうすぐ絶滅するんじゃないから。

 

他の動物と違って人間はたくさん考えるから辛いんだ。

この苦痛から逃れるための進化は脳を縮小させること。

 

文明ってどう思う?

豊かな暮らしを目指して今までやってきたけれど

今の人間はつらくなくなっただろうか。

資本主義なんて言葉もあってそのおかげで今の暮らしがあるんだけど

どう思う?

 

必要だったかな。

これからもお金持ちを目指していれば人間は苦痛から逃れられるのかな。

便利はいいことだしゲームは楽しいしインターネット最高って思うけれど

でも

これ以上いい洗濯機もゲームも冷蔵庫もテレビもいらないよね

いらないのに作るんだ

働くし、買う。

あったらいいなていうものはだいたいすでにあるし

だいたいなくてもいい。

 

人間はなにがしたいんだろう?

 

国でチームを分けて戦争とかする。

自分を命の危険にさらす。

悲しみを生む。

 

違う「国」で困ってる人がいても助けない。

少しだけ他の国より「優位」でいようとする。

 

なにを競っているのだろうか。

お金が多いと勝ちっていうゲームに命までかけて

辛くてもお金が多いとそれでいいっていう。

 

ゲームっていうのは負けても楽しいのに。

これは

なんなんだ。

 

このルールじゃないとだめなのかな

強制参加なのかな。

 

 

 

進化を間違えた

愚かな巨大生物の話