読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうでもいいけど

「手作りがいいな。」

なんでもないただのお客さんの言葉が

なぜがひどくうれしかったのは

たぶんそんな言葉をしばらく聞いていなかったから。

 

別に今の彼が手作りよりも「市販品」を好むからとかじゃなくて

そのお客さんの言葉がすごく温かかったから。

 

わたしのことが好きだって言ってくれてるみたいに感じて

その言葉にはうそも偽りもなくて

胸が痛かった。

ありがとうって思った

 

 

 

 

 

でもきっと

彼に

「手作りがいいな」

って言ってほしかった

 

無邪気に「つくってよ」と言う彼が好きだったんだ

「実際手作りなんていらない」って言っていたのがほんとはわたし悲しかったんだ

 

 

 

ほんと、笑ってしまうほどどうでもいいこと

引くほど面倒くさい女

 

大丈夫

彼にはばれていない

 

 

 

 

 

「手作りがいいな」

幸せな言葉