読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつだって

いつだって きみは ひとりじゃないんだよ





はるか頭上高く 昔 聞いた 記憶







ふふ


知ってるかな

闇に飲まれた時のこと


真っ暗で

両手をいっぱい広げて

手探りで

叫けぶ

誰かいないの



黒くろくろくろくろ



確か昔 あなたは 言った

いつだって きみは ひとりじゃない




ふふふ

どこにいるの でてきてよ

わたしに 見えるように 

ね お願いよ。





確か昔 まだ 目が見えた頃

光の話 みんなの話だよ


周りを見れば 誰かいて

手を振り回したら 誰かに当たって

あら ごめんなさいね


ふふふ


目があったら 笑う

ふふふふふ








いるなら でてきてよ

暗くて見えないの


両手いっぱいつかってもがいても

何にも触れない


あれ あれ





確か昔 あなたは こういった


いつだって きみは ひとりじゃない







今 目が見えないの

光を捕まえられない この目では

あるはずのものも なくなって


すべては 昔の記憶


わたしは確かに 生きていた